勉強ばかりに目を奪われていませんか? 

   子供が幼い頃、母親達はほんの小さな子供の変化にも驚き、心から感動して眺めていたも のです。それなのに・・・・いったい、いつから欲張りになってしまったのでしょうか?
 
 ピカピカのランドセルを背負って登校し始めた頃、お母さん達は(車には十分に気をつけているかしら?)(どこかで道草をくっているのではないかしら?)(工事現場のような危ないところで、じっと見ているんじゃないかしら?)と、帰宅するまで心配をしましたね。そして、帰ってきた子供を相手に、「今日はどうだった?給食、おいしかった?」「誰と一緒に遊んだの?お友達は出来た?」と、うきういきと学校の様子を聞いたものです。
 ところが、いつしか質問の内容は昨日の宿題の事、抜き打ちのテストの事、お友達の○○ちゃんの成績の事・・・と勉強のことばかりになってしまった・・・そんな気はしませんか?

 中学受験を終えたご家庭のお母様方から、こんな話しをよく聞きます。
「塾に行ってる頃って忙しかったでしょ。食事の仕方や、家族としての家の中の事なんか、あんまりうるさくは言わなかったんです。これが終わって中学に入ったら、ちゃんと教えようって。ところが、いざ中学に入ってしまったら、もう私の言うことなんて聞いちゃいない・・・何でもかんでも友達、友達・・・家族なんてそっちのけ。パパにはなるべく顔を合わさないようにしているようだし、最近は私にだってあまり口きかないんです・・・」
子供が中学受験をしてもしなくても、こういうご経験をお持ちのご家庭は、案外多いのではないでしょうか?

 子供が成長していく上で、勉強をする事は、とても大事な事です。自分の好きなことに偏ることなく、多方面にわたって多くの事を学ぶ・・・こつこつと努力をするれば実るということを学ぶ・・・がんばって結果を出す事から達成感を学ぶ・・・一人の社会人として成長していく上で、「勉強」そのものもさることながら、勉強をするという行為から学ぶことはとても多く、貴重なものです。
 しかし、たった今私が書いたように、「勉強」そのものに目を奪われ、点数や偏差値やそういう無機質なものにばかり関心が集まり、「勉強という行為」から学ぶべき多くのことをなえがしろにしてしまってはいませんか?
 
 たとえば、実力テストの結果が芳しくなかったとして・・・ 「どうしてこんなに出来なかったの?何やってたの?遊んでばかりいたから、こんな結果になったんじゃないの?ほんとに・・・何考えてんのよ、恥ずかしいじゃないの、お母さんだって。何よ、コレ・・・」なって言っていませんか?そんな事をいってしまうと、当然子供はそっぽを向き、中学生くらいになれば「うっせーなあ、いいだろー、ほっといてくれよ!」なんて事を言う子供もでてきます。
 結果が悪くて、大喜びをしている子供なんて、絶対にいないのです。誰よりも一番恥ずかしい思いをしたり、イヤな気持ちになっているのは、子供本人なのです。
 そういうことを理解した上で、なぜそういう結果しか出せなかったのか、考えさせるほうがもっと大事ですし、その後、良い結果が出せるようにはどうすればよいのか?と真剣に考える事こそ必要だ、と教えるべきです。だって、結果は結果。どんなに言ったって、もう取り返しはつかないのですから。

 高校生になると、ほとんどの子供はすっかり精神的に親離れをします。そういう時期になるまでに、子供が家庭の中で学ぶべきことはたくさんあります。とっても極端なことを言えば、必死になれば勉強でサボった分は取り返せても、決して時間は取り戻せません。
 小学校高学年として学ぶべき道徳心、他人を優しい気持ちで見る目、家族の一員としての自分の役割、心配り・・・中学生でも同じです。こういうことは、家庭の中で、家族からしか学べないものなのです。
 そういう事、なおざりにしていませんか?

 最近、「子供の個食」が取りざたされるようになりました。たった一人で食事をすることです。もちろん、私は様々な理由で個食をせざるを得ない物理的な問題が或場合はあると思います。塾、クラブ、おけいこ・・・しかし、大事なことは「個食をさせない!」「個食はいけない!」と叫ぶことよりも、「家族そろって食べる楽しさ」「明るい雰囲気の中で食事をする喜び」を教える事だと思います。
 せっかく揃って食事をする時に、悪かった成績の話しや、苦手な教科や、触れられたくない学校での話しが話題になれば、楽しかるべき家族での食事は、絶対に子供にとっては「苦痛」以外の何ものでもなくなり、「個食」を望んでしまうようになるのではないでしょうか?

 親が教えるべき事、家庭の中で、家族だからこそ自然な形で教え学べる事を、なおざりにしていませんか?