子供の外国語教育 - 国際人って何ですか?

   21世紀、IT技術の進化、インターネットの普及で、まさに世界は狭くな  り、「国際人」という言葉は、育児、幼児教育の中でもキーワードになり  ました。当然、英語教育、外国語教育熱は高まり、今では幼児期からの留  学、親子留学など、ひと時代前には考えも及ばなかった事が、徐々にでは  ありますが浸透しつつあります。しかし、こういう時代だからこそ、ここ  でもう一度、じっくり「国際人」の意味、その上での「外国語教育」その  ものを考えていただきたい、と思います。

 日本人は、確かに外国語の不得意な国民です。中学から最低6年間、英語の授業があるにも関わらず、高校教育を終えてもまともに英語が話せないという人がほとんどです。日本人は発音が苦手、とも言いますが、実際にはそういう問題以前に、簡単な中学生レベルの英語でさえ、「言葉」として使えないというのが悲しい現実です。
 もう十数年前の話しですが、主人がインドネシアに赴任中、私達は親子で何度かバリで休暇を過ごしました。インドネシアは未だ発展途上国と言えども、バリはさすがに世界的なリゾートらしく、ちょっとしたホテルの従業員は総じて英語が上手です。元オランダ領という事もあってか、従業員の中には必要最低限のオランダ語を話す人、もちろんドイツ語、フランス語など、英語以外の外国語に堪能な人もたくさんいます。そして彼らは、話す相手が外国人であると認識すれば、まずは必ず英語で話します。
 そんなバリで、私が英語で受け答えをすると、ほぼ毎回「Oh, Youユre a Korean. I thought you are a Japanese!」と言われました。不思議に思った私が、私は韓国人ではなく日本人であることを伝え、どうして私を韓国人だと思ったのか?とたずねてみると、何と彼らはみな口を揃えて言うのです。「だって、あなたは英語が得意そうだったからね、韓国人だと思ったのですよ。日本人で英語が上手い人は少ないのでノ」と。なるほどねえ、と思いましたが、さすがに日本人としてはこの推理には苦笑せずにはおれませんでした。すでに10年以上も前から、確かに韓国からの駐在員の家族は、ビジネスマンであるお父さんだけでなく、主婦であるお母さんや子供達も英語は上手でした。
 とにかく、経済大国となった日本は、世界中の国々を相手に仕事をし、人々は非常にレアな国々にまで海外旅行をしています。そんな時、言葉が不自由である、という事は、かなり致命的なマイナスポイントと言えますね。そういう状況を十分に認識し、苦々しく思っている親達は、「何とかわが子には、最低限、英語くらいは自由に操れるようになって欲しい!」そう願うのは極々当然の事でしょう。
 そこでノ 3歳からの英語、とか、ママと一緒に○○に留学、という事になっていくのですね。しかし、ここでもう一度、整理して考えてみてくださいませんか?

 そもそも、「言葉」とは、何のために存在しているのでしょう?「言葉」とは何でしょうか?

そうです!言葉は、それは「何かを伝える手段」、言わば、ひとつの「道具」なのですね。となれば、その道具である言葉を使って、「何を語るか?何を伝えるか?」という事、「どれほどの事を語れる自分なのか?」という事が真理ではないでしょうか?もちろん、1週間の海外旅行のために、行く先の国の言葉で「これは何ですか?」「私はこれが欲しいです」「これはおいくらですか?」という実用的な文章を覚え、練習をしておくと便利です。しかし、わが子に外国語をノ.という思いの外国語学習の目的は、決してこれと同質のものではないでしょう。

 では、何を伝えるか?
この「何」の部分こそ、親が、大人が、社会人の責任として、わが子に教育していく真髄であり、また、この部分が「人としての豊かさ」となっていくのです。そして、その「豊かさ」、つまり豊かな感性、深い知性、品性は、幼い頃からの親を始めとする子供の身の回りの環境によって大きく左右されているのです。
 そんな大切な幼い時期、いきなり「手段」「道具」だけに大きなポイントを起き、その部分だけを一生懸命に育てても、決して本当に意図している「国際人」には育たないのではないでしょうか。「国際人」の定義づけは、非常にむずかしいものだと思います。しかし、少なくとも、確固としたアイデンティティーのない、外国語だけが堪能な人を「国際人」と呼ぶとは思えません。
 数年前、私の教室で、帰国子女のお嬢さんをお預かりした事がありました。そのお嬢さんは、生後5ヶ月からお父様のお仕事のご都合で渡米。帰国をされた時にはすでに6歳目前でした。しかし、彼女の日本語は非常に正確で、きれいな日本語を話し、語彙も豊かで、理解力も非常に高かった事に感心しました。アメリカの地方都市に駐在をしていたそのご家族は、まわりに日本人の少ない生活だったと聞きました。その中で、日頃はお嬢さんはアメリカ人のナ−サリーに通い、アメリカ人の子供達とともに過ごしていたという事で、当然、5歳のお子さんとしての普通の英語能力も持っていました。要するに、そのご家庭では、家庭の中では「日本人としての生活」を大切にし、日本人の子供として育てていらしたのですね。「うらしまたろう」も「Sesame Street」も、どちらも彼女のお気に入りでした。商社勤務のお父様も、決して英語まじりのカタカナ日本語を好まれるような方でもなく(お父様ご自身も、中高大とアメリカで教育を受けた方でしたが)、お母様もきれいな日本語を話されるステキなママでした。
 私は、この5歳のレディーこそ、立派な「国際人」だとしみじみと感じていましたし、同時に、彼女を育てるご両親を、すばらしい「国際人」だと思いました。

 いかがでしょうか?語学が堪能、というだけでは、ピーマンのようなもの、と私は思っています。中身の詰まった人を育てる事(まずはその重要性を理解する事)、その上で次に大事なものは何か?を考えるべきではないでしょうか?
 そして何より、この「中身」、つまり人としての豊かさ、品性、日本人としてのアイデンティティーは、幼い頃からの環境で決まる、という事を忘れないでいてください。

 
HOME