「さなぎ」の時期

 虫たちは、卵からかえり幼虫になります。幼虫は、何度も何度も脱皮をくりかえし、大きくなっていきます。卵からかえったばかりの幼虫と比べると、何度も脱皮を終えた幼虫の大きさは数倍にもなり、色や模様、形まで変わっていることもありますね。
 それでも、まだ「幼虫」であることにはかわりはありません。そして、とうとう脱皮を終えた幼虫は、立派な成虫になるために、今度は何になるのでしたっけ?

 身体も大きくなった子供達は、中学に入学し、ちょっぴり大人に近づいた気分になります。そして1年、2年・・・もっともっと背も伸びて、男の子はほとんどすべての子が声変わりし、女の子は体つきがふっくらとして・・・ 中学でも3年生を迎える頃には、子供達はすっかり言葉少なになって、自分の時間、自分の世界を作り、なるべくその中で過ごそうとするようになっていきます。急に、子供が見えなくなる時期の始まりです。
 
 小学校高学年の頃から、すでに親に反発したり、反抗したりはしていたでしょうが、少なくとも当時の彼らのネガティブな行為、反旗は目に見えるものであり、「反発しているのだ」ということが理解出来る行動でした。
 ところが、中3の頃からの彼らの行動は、時には親達には『理解不能』と目に映ります。何を考えているのかわからない、何も言わない、親の言うことを聞いてはいても、ほとんど反応らしい反応がないので伝わっているのかどうかもわからない・・・『さなぎ』の時期の到来です。

 さなぎになった彼らは、もう外界との接触を絶ってしまいます。さなぎはもう食べず、じっと、ただじっと動かず、自分の居場所を守ります。しかし、動かない彼らは、ちゃんと生きているのです。そして、さなぎの中では、確実に「立派な成虫」になるための準備をしているのです。
 そんなさなぎを、動かないからと言って不用意にゆすったり、生きているか死んでいるかわからないからと無理に皮を破らないであげてください。そんなことをしてしまったら、せっかく何度も何度も苦労して脱皮をくりかえしてきた幼虫の努力と時間が水の泡になってしまいます。やっと美しい成虫になる一歩手前まで来て、尊い命を無駄にしてしまうことになってしまうのです。

 さなぎになった事が、どうしても許せない、どうして動かないのか?どうしてせっかく未だに与えてやっている餌を食べないのか!と理不尽に腹を立てている親達がいたとすれば・・・もう一度敢えて言いましょう。
 どんなにすばらしい環境でも、どんなに栄養満点の餌でも、幼虫の時に与えてあげなければ何の意味もありません。
 『勉強ばかりに目を奪われていませんか?』の項目でも書きましたが、勉強や、成績や、偏差値や、席次や、確かにそういう事もなおざりにして良いというわけではありませんね。しかし、一個の人間として成長していくためには、そんなことよりも、もっともっと大事なことがたくさんあるはずです。そして、そういう大事なことだからこそ「親」が責任を持って教えていかなくては、いったい誰が教えてくれるのでしょう?
 
 もう一度、「勉強ばかりに・・・」の項目で書いたことを、そっくりそのままで繰り返すことにします。
 『子供が家庭の中で学ぶべきことはたくさんあります。とっても極端なことを言えば、必死になれば勉強でサボった分は取り返せても、決して時間は取り戻せません。
 小学校高学年として学ぶべき道徳心、他人を優しい気持ちで見る目、家族の一員としての自分の役割、心配り・・・中学生でも同じです。こういうことは、家庭の中で、家族からしか学べないものなのです。』
 好むと好まざるとにかかわらず、
さなぎになって、外界からの接触を絶ってしまった子供達に、今さらこういうことは通じないのです。

 どうぞ一生懸命に脱皮を繰り返している幼虫の間に、人としてのありかた、生き方を教えてあげられる、「賢い立派な親」であってください。