毎日戦う子供達


   お母さんは知っていますか?「いってきまーす!」と玄関を出た瞬間 から、子供達は、いろいろなものと戦っている、という事を....

  ★ 私へ、まいちゃんと一緒に学校に行きたいの。でも、まいちゃん  は、いつもおうちまで迎えに行く(駅で待ってる)れいなちゃんと行っちゃうんだ.... だから私、思いきって昨日、まいちゃんに聞いてみたんだ。「私、いつもまいちゃんと一緒に学校に行きたいと思ってるの。明日は私と一緒にいかない?」その時ね、すっごくドキドキしたんだよ。まいちゃんが、「やーだ...」って言ったらどうしようって思ったら、すごく怖かった.... そしたらね、まいちゃんはこう言ったんだよ。「あのね、いつもれいなちゃんが迎えに来てくれるでしょう。だから、一緒に行ってるの。私、あなたと一緒に行ってもいいよ!」って。だから....私、今日、早くに起きたんだ。そして、これからまいちゃんちに迎えに行くんだ!だって、一緒に行きたいんだもん!

  * あなた、何をぐじゃくじゃ言ってるの。誰と行ったって同じでしょう?どうせ同じ学校に行くんだから....
  * バカねえ、やめなさいよー!そんな事したら、れいなちゃん、きっと怒って、あなたに意地悪するかもしれないじゃなーい!どうするの?それでもいいの?!

★ 鉄棒で前まわりができるようになったよ。でも、まだあまり上手じゃないんだ。だから、学校の鉄棒で毎朝練習をしたいんだけど、朝は4年生や5年生のクラブ活動のお兄ちゃんやお姉ちゃん達が早くから鉄棒を使ってるからさあ... だからね、昨日、勇気を出して、「僕も鉄棒がしたい...んだけど。」と言ったら、すごく強そうなお兄ちゃんがね、「放課後だったらいいぞ!おれ達、塾あるからさ。」って言われた。だから、ちょっとだけ放課後に残って、鉄棒の練習をしたいんだあ。いいでしょ、ママ!

  * 何?鉄棒で前まわり?すごいじゃない。じゃあ、今度は逆上がりの練習しなさいよ。前まわりだけで満足してちゃダメよ、そんなの。あっ、でも、ダメダメ!放課後はすぐに帰ってらっしゃい。月曜日はピアノだし、火曜日はスイミング、でしょ?覚えてる?さっさと帰ってきなさい!
  * まあ、バカねえ、そんな事上級生にいっちゃったりしてー。そのお兄ちゃん、怖そうだったんでしょう。あらやだー。ママが見た事あるような子かしら?何か意地悪されたらママに言いなさい!確か、あなたが言うその子は、先生に目をつけられてるかなり悪い子だって聞いた事あるわよー。

     
           

 いかがですか?何だかありそうな会話だと思われませんか?
子供はね、じつは幼稚園、いえ、近所の公園のお砂場で遊んでいた頃から、2才は2才なり、3才は3才なりの「世界」を持っていて、そこでいろいろな駆け引きをしていたのですよ。怖そう子には近づかないようにしていたり、弱そうな子には、ちょっぴり意地悪な事を言ってみたりして、一生懸命に賢く生きていたのです。
 親は勝手なものですから、わが子が幼い頃には「誰とでも仲良くしなさい!」などと言います。特に、小学校に入学したら、親の意識の中でも急にわが子が大きくなったのだ、という意識が生まれて、ついこの間までの園服姿のあの子からは卒業したんだ、などと勝手に思い込み、自分が思い描く利発で積極的で好奇心に溢れた小学生を求めています。
 しかし、大人の世界がそうであるように.... 人付き合いとは、なかなか大儀なものです。それは子供でも同じ。小学校から帰ってきたわが子を待ち構えて「おかえりなさい!今日はどうだった?先生に何か言われた?お友達とは仲良く出来た?楽しかった?.....」などと機関銃のようにたずねるのです。そして、あまりわが子が多くを語ろうとしないと、「ちゃんとママにも話してよ!ママ、とってもあなたのお話を楽しみにしてるんだから!」と勝手な事を言ってみたり、「どうしてしっかり話せないの?もう小学生になったのでしょう?そのくらい、きちんと話せないと、ダメじゃなーい。」などと脅したりするのです。
 でもね、子供だって、毎日毎日同じ質問にはうんざりするし、また、話したい事もあれば、ちょっと黙っていようかな、と思うような事も心の中に持っているものです。また、そういう子供に成長していないのも困り者ですよ。

 とにかく!子供は毎日、お友達との関係や、お勉強や、先生とのつながりや、そして自分自身や、すべてのものと「戦いながら」生活しているのです。だからこそ、ママとの時間、家族との時間が子供にとって「安らぐ時間、癒される時間」であるように、親は、特に母親は、時にはぐっと聞きたい気持ちを我慢したり、何かあったかな?と思っても咄嗟に確かめず、少し一歩下がってわが子の様子を冷静に観察したり、そんな「忍耐と余裕」が必要なんですよ。

HOME